まさかの時のための知識を知っておきましょう。

こんな時どうなるの? まさかの時のための不動産知識集

こんな時どうなるの? まさかの時のための不動産知識集

不動産というのは、長く付き合っていくものです。そんな長い時間の中には、トラブルに見舞われるような事もあるでしょう。購入したから、あるいは住み始めたからといってトラブルが起きないなどという保証はどこにもありません。


むしろ自分が住む事で、トラブルが生まれるリスクを高めてしまっている可能性もあるでしょう。ここで大事になってくるのが、トラブルを「起こさない」ではなく、「どのように対処すべきか」です。トラブルを起こすなといっても起きてしまう時は起きてしまう。自分の努力で解決出来る事であればまだしも、どうにもならない事もあります。例えば地震や火災のような災害は、個人レベルの努力で回避出来る事ではありませんから、トラブルに遭わない事は無理です。大切なのは、トラブルに遭った際にどのような行動を心掛けるかになってくるのですが、知っているか知らないかで対処方法は異なってくるでしょう。対処方法を知っていれば慌てる事なく、すべき事を行えば良いのですが、知らないとなると右往左往してしまうだけではなく、場合によっては自分自身が損をしてしまう事もあります。


そのような事にならないよう、「知っておく」事がとても重要になってきますので、様々なトラブルの事例を見ていくとしましょう。


こんな時どうなるの? まさかの時のための不動産知識集

万が一のために知っておきたいこと

万が一のために。

こんなレアケースもあります

レアケースにも備えておきましょう。

万が一のために知っておきたいこと
住んでいる家が火災で焼失してしまったら
天災で家がなくなってしまったら
住宅に欠陥が見つかったら
住んでいる家の立ち退きを求められたら
シックハウス症候群になったら
不動産の評価が急に下がったら
シロアリ被害が出たら
こんなレアケースもあります
どうも「出る」らしい
離婚を機に、住宅を2つに分割
知らないうちに自宅に抵当権がついていた
近隣の家から覗き見をされている
太陽光発電を設置したら屋根が壊れた
リフォーム工事で庭を掘ったら遺跡が出た
マンションの高さについて裁判で負けた